鋭い打球を打ちたい人のための、ちょっとしたコツ

ボールを打つ時、タイミングが合わなかったり、打球が思うように飛ばないといった悩みを抱えている方も多いと思います。

特にソフトボールでは、ピッチャーからの距離が近いこともあり、タイミングよくバットを振り出す準備が重要になってきます。

ここでは、鋭い打球を飛ばすための、ステップを活かしたタイミングの合わせ方をご説明していこうと思います。

なぜステップが必要なのか

ピッチャーからのボールを打ち返す際、腰が入っていなかったり前に突っ込んでバットを振っていては強い打球は打てませんよね。

バッティングは、いかにタイミングよくボールを捉えるかが重要となり、これは野球でもソフトボールでも共通しています。

そのタイミングをとる作業で大事なのが、ステップをとること、つまり足を踏み出すことになります。

ステップのとり方と重心移動

コツとしては、ステップを踏む前、ステップする側の足を浮かすことができるくらい、全体重を軸足に乗せておくことです。

そうすることでステップをする時にスムーズな体重移動ができます。

そしてもう一つのコツは、ステップを踏んだところで、いつでもバットを振り出せる状態にしておくことです。

野球でもソフトボールでも、ピッチャーは球速を変えてバッターのタイミングを外そうとしますから、ピッチャーの一番速い球もしくは自分の狙っている球種のスピードにステップのタイミングを合わせておけば、それより遅い球が来ても泳がされることなく打ち返すことができます。

打つ時のステップは大きすぎず、小さすぎず

ステップする際の注意点ですが、ステップは大きすぎるとスイングに力が伝わりきらなかったり、体ごと前に出てしまって打つ準備がしきれない・スイングが始動してしまって、却ってタイミングを合わせにくくなります。

また、小さすぎても、踏み出した足がつっぱりやすくなり、力が入らなかったり、スイングが始まってしまう、といったことになります。

個人差はありますが、自分の肩幅から一歩ほどが、無理のないステップ幅の目安でしょう。

まとめ

バッティングは、ボールを捉えるタイミング次第で、ボテボテのゴロになったりホームランになったりします。

大事なのは、狙い球に対していつステップを踏めばちょうど良いかを予測・把握しておき、ステップを踏んだところでいつでも(すぐor少し待って)スイングできる状態を作ることです。

と、言葉で説明するのは簡単ですが、これができるようになるのは打撃フォームを固めたり、スイングスピードを上げたり、ある程度の練習を積む必要があるのは言うまでもありません。

しかしそれを自分のものにできるようになれば、ピッチャーとしてはとても脅威になり、チームで最も信頼できるバッターとなりますので、ぜひ参考にしていただければと思います。