ボールをもっと飛ばすためのソフトボールのバッティングの方法

ソフトボールのバッターとして、どんな選手でもある程度の飛距離は飛ばしたいと思うことでしょう。

単にホームランだけではなく、戦略的に外野への犠牲フライが必要な場面で、狙ってその打球が打てるということはそれだけで大きなチームの武器にもなります。

そこで今回は、ソフトボールのバッティングにおいて、打球を飛ばすためのテクニックを一つご紹介し、そのための練習についてもお伝えしていこうと思います。

ボールを押し出すバッティング

頭上から見下ろす形でバットスイングの軌道を思い浮かべると、半円を描いていると思いますが、少しイメージを変えて、ミートの瞬間の部分を、弧を描くのではなく少しだけバットを平行移動させるように打ちます。

すると、投げられたボールに対してバットで打ちつけるというよりは、押し返すような動作に近い形になります。

そうすることで、バッティング時の力をより長くボールに伝えることができます。

また、単純にバットを振るという動作に比べてバットコントロールがしやすく、微妙なボールの変化にも対応しやすいので、打ち損じも少なくなります。

一番押せるポイントを見つけよう

押し出すバッティングを身につけるための練習になりますが、パートナーを用意し、対面になって自分のストライクゾーンのミートポジションに手のひらを置いてもらいます。

自分のミートするときのフォームの態勢でその手のひらにバットを押し当て、その状態で手のひらを押し出します。

パートナーはバットの押し出しに耐えるようにそのミートポジションを維持します。

この練習を行うことで、自分のバッティングフォームは、どのミートポジションで一番力が出せているかを確認することができますし、ポジションを変えながら行い、パートナーにアドバイスをもらうことができます。

バットを押し出そうとするとき、腕の力だけでは全然押せないことに気づくと思いますので、必然的に下半身の力も使えるようになりますので、こういったバッティングフォームの中での自分の力の入りどころを確認する練習は、特におすすめできます。

ボールを飛ばすための、一番ボールを押し込めるポイントというのは、たいていの場合皆似たような場所で、右打者なら左の腰、左打者なら右の腰の前くらいかと思いますので、その地点で力が最も出せるように、フォームを作っていってもいいかもしれません。

おわりに

打球を飛ばすためのバッティングの方法をご紹介しましたが、いかがだったでしょうか。

ソフトボールのバッティングには様々な理論がありますが、中でもボールを押し出すイメージで打つというのは、実践している選手も多いのではないかと思います。

この方法ですと、力があまり強くないバッターでもある程度飛距離が伸びることが期待できますので、ぜひ一度、実践していただきたいと思います。