ソフトボールで球速以上に感じるボールを投げるためのスナップを使えるピッチャーになる2つのコツ

ソフトボールのピッチャーである以上、自分のボールのスピードを今以上にアップさせたいと思うのは当然のことでしょう。

その練習として、上半身や下半身といった、自分の力が足りない部分をウェイトトレーニングによって補ったり、投球練習の際も全力で投げることを意識して取り組んだりすると思います。

もちろん、その練習も球速アップには効果的ですが、ソフトボールのピッチャーには別の方法として、ボールを相対的に速く見せる、と言うやり方もあります。

つまり球速自体はそれほどでもなくても、バッターから見ると何故だか振り遅れてしまう、といった現象です。

その要因となるのは、ゆったりしたフォームから投げられるキレのあるボールが一つの大きな理由になります。

そこで今回は、ソフトボールのピッチャーが球速以上に速く見えるボールを投げるための、キレを磨くコツをご紹介していこうと思います。

まずは力を抜くこと

どうすればキレのあるボールを投げれるかと言いますと、まずはリラックスして投げることが挙げられます。

ずっと力を抜いて投げるのは当然良くないのですが、投球のモーション中ずっと力一杯に投げ込むのも返って良くありません。

キレのあるボールを投げるには、動きの無駄をなくし、シャープに淀みなく投げることが大事で、腕や肩周り、ボールを握る手に力を込めすぎると腕がしなやかに振れず、旋回のスピードが失速してしまいます。

体幹や下半身は、投球時の跳躍や踏ん張り、姿勢の維持のために力を入れる必要がありますが、肩や腕はと言うと、握ったボールがすっぽ抜けんばかりにリラックスして投げてみましょう。

するとリリースまでの一連の動作がスムーズに進み、特に力感が見えなくてもキレのあるボールが投げられるようになると思います。

力の入れどころで一気にボールを潰そう

先ほどの説明で、肩や腕から先はリラックスすることをご説明しましたが、もっとキレを上げるために、リリースでスナップをより効かせることを意識しましょう。

要領としては、ブラッシングした瞬間に指先に一気に力を込め、指でボールを潰すようなイメージでリリースするのです。

するとブラッシング時のテコの原理と相まって、最大限にスナップが効くようになりますので、ボールの回転が多くなり、キレが数段アップします。

コツとしては、力の入れどころをリリースのスナップに集中させ、それ以外に腕はリラックスさせておくことです。

力の入れどころにメリハリをつけることで、動きに無駄がなくなり、スナップによってキレが増し、バッターとしても想定以上に速いボールと思わせることができるでしょう。

おわりに

ソフトボールのピッチャーがキレを磨くためのコツをご紹介しましたが、いかがだったでしょうか。

ボールのキレが増すことで、ボールを速く感じさせたり、打ち損じあるいは空振りをとる可能性も大幅に上がりますので、今回ご紹介の内容を是非一度、実践してみてください。